盛岡冷麺・じゃじゃめん・そば・米粉めんの[兼平製麺所]

カートを確認

おいしさへの探究心 手打ちを超えた麺づくり

ログイン お得で便利な機能を利用するにはログインしてください。新規会員登録(無料)はこちら。

社員インタビュー

調理麺課 加熱調理室 係長
鎌田 篤(入社19年目)

「退社した社員がすぐに当社に戻ってきたのに驚きました」

今はどのような内容の仕事をしてますか?
加熱調理室とスープ室の仕事と管理をしています。コンビニに置いてある焼きそばやパスタソースの製造。そば・うどん・ラーメンのスープをゼラチン状にするなど。他には大量調理のレシピの作成です。
仕事のおもしろい部分、難しい部分を教えてください。
季節によって取り扱う商品が違うがそれらを上手く調理できた時。大量調理をしているがレシピ通りの工程を踏んでも予定より沢山出来たときや美味しくできたときですね。工夫次第で味も生産性も違ってくるんです。
管理者になる前はどのような仕事をしていたのですか?
中途採用で入社したんですが現場での作業です。先輩達の作業を目で盗み技術を身につけました。今は係長という役職になったので管理の仕事が主です。あまり現場に入る事は無くなりました。
現場から管理者になった転換点は?
元々は上に立つというのは得意では無かったのですが、周りが頑張りを見ててくれたのかと思います。私は中途採用ですが、頑張っていると評価してもらえる風土があるのかなと思います。
部下とのやり取りで気を付けてる事はありますか?
今は10数人いるんですが、全員の性格・好きな事を把握するようにしてます。
指示を出す時もそこに注意してますね。
当社は現場で働いている人にために休憩所に「アイス」がおいてありまして、自由にみんな食べることができます。こうした場でメンバーの相談にのったりするのが当たり前になってますね。
今年退社した社員がすぐに当社に戻ってきたのですが、やはり隣の芝生は青く見えるみたいで(笑)。これも「アイス」を食べながら相談にのってました。「アイスコミュニケーション」ですね〜(笑)。

エントリーはこちら

« 採用情報トップへ戻る